2010年8月1日日曜日

iOS4.0 vs Android 2.2 HTML5対応状況


Android OSのバージョン別 HTML5の対応状況調査に続き、今度はiOS4の対応状況について調査した。

調査では、HTML5TEST ( http://www.html5test.com ) を使って各OSのバージョンごとに対応状況をチェックした。

検証に使用したデバイスは

OS2.2 Nexus One
iOS 4.0 iPhone 3GS

総合スコアは、OS2.2が176ポイント、iOSが185ポイントという結果だった。







OS2.2

OS4.0



ちなみに、Chrome 5.0は197ポイント、Safari 5.0は208ポイントであった。











Chrome 5.0

Safari5.0










Parsing rules

Parsing rulesは、OS 2.2、iOS4.0とも1/11のスコア。


Canvas

Canvasは、OS2.2, iOS4.0ともに20ポイントで、全バージョン対応済み。



Video

Videoは、同一スコアながらもiOSはCodecに対応している。










OS2.2

iOS4.0



Audio

Audioも、同一スコアながらもiOSはCodecに対応している








OS2.2

iOS4.0



Local devices

Localデバイスは、OS2.2, iOS4.0ともに非対応。


Elements

Elementsは、OS2.2とiOS4.0ともに同一スコア。







Forms





OS2.2

iOS4.0





User interaction

User interactionは、OS2.2とiOS4.0ともに同一スコア。










Microdata

MicrodataもOS2.2, iOS4.0ともに非対応。


Web applications

Web applicationsは、OS2.2とiOS4.0ともに同一スコア。









Geolocation

Geolocationは、OS2.2とiOS4.0ともに同一スコア。




WebGL

WebGLもOS1.6, OS2.1, OS2.2ともに非対応。


Communication












OS2.2

iOS4.0



Files

FilesもOS2.2, iOS4.0ともに非対応。


Storage

Storageは、OS2.2とiOS4.0ともに同一スコア。



Workers

Workersは、OS2.2とiOS4.0ともに同一スコア。

0 件のコメント:

コメントを投稿